ペット保険に加入しておけば安心|愛する家族のために

ドッグ

毛色による性格の違い

犬

飼い主のしつけも重要

ふわふわな毛並みとくりっとした瞳が魅力のトイプードル。一般的にはとても賢くて、初心者でも飼いやすい犬種だと言われています。成犬になると体高25〜28cm、体重3kg前後ほどまで成長します。プードルはからだのサイズで呼び方が変わり、体高28cmを超えるとミニチュアプードル、25cmより小さいとティーカッププードルと呼ばれます。飼っているトイプードルが成犬になったとき、適した大きさに成長したかどうかは犬の健康を見極めるためにも大切な情報です。トイプードルは基本的にとても賢く飼い主に従順で、フレンドリーな性格をしています。そのため他の犬や動物とも仲良くできる犬種です。しかし、毛色によってその性格に違いがあると言われています。トイプードルはブラック、ブラウン、ホワイト、レッド、アプリコット、シルバーの大きく分けて6色の毛色に分けられます。ブラックとホワイトは基本的な性格を持つことが多いようです。飼い主への忠誠心も高く、しつけや訓練をしやすい色とされています。ブラウンとシルバーは、少し協調性に欠ける部分があり、子犬のころからきちんとしたしつけを行うことが大切です。最後に、レッドとアプリコットは個体によって性格にかなり差が表われるようです。その中でもやんちゃやおてんばな性格が多く、運動能力の高い子が多いと言われています。しかし、忠誠心は低く協調性にもかける部分があることから、飼い主のしつけの仕方が成長してからの性格に大きく関わってくるようです。毛色によって性格が異なることは、トイプードルを飼いたいと考えた時の参考に覚えておくといいかもしれません。